MENU

蕁麻疹でむくみ足になる原因

スポンサーリンク

蕁麻疹は皮膚が隆起する病気で繰り返し引き起こされ、かゆみを伴うなどの皮膚病です。
蕁麻疹により、むくみ足のようになることがありますが、一般的な手のむくみやむくみ足とは違い、湿疹によって皮膚が隆起するためです。蕁麻疹はかゆみや痛み、熱を持つ場合がありますが、症状が軽い時は数時間、長くても数日の間で消えることがほとんどです。
原因となるものは様々ですが、多くの場合はアレルギーによるものです。
卵やエビ、カニなど、人によってアレルギーの原因となる食品を摂取した場合に引き起こされることが多いです。
また、アレルギー以外では、ストレスや疲労、温度の急激な変化や太陽の紫外線などによって皮膚に異常が起こり、症状がでることがあります。

スポンサーリンク

蕁麻疹が起こった場合の治療方法としては、抗ヒスタミン薬を使用することが一般的です。
抗ヒスタミン薬とは、原因物質となっているヒスタミンを抑制するための薬です。
蕁麻疹が起こった場合はかゆみを伴うため、すぐに治療をすることも大切ですが、事前に防止するために予防を普段から心がけることが重要です。
アレルギーの場合は、原因となっている食品や物質をしっかり把握し、摂取したり触れたりしないように注意することが大切です。
何度も症状が出るようになると慢性化し、重症化することもあるのです。

 

また、汗やほこりなどが皮膚にとってよくないため体を清潔に保つことも大切です。
体への悪影響となるストレスも溜めないように心がけることが重要です。

スポンサーリンク