MENU

疥癬の症状と期間(疥癬どれくらいで治る?)

スポンサーリンク

疥癬という病気を知っていますか。
あまり聞かない病気ですが、昔からあって今でも存在しています。
原因はヒゼンダニという小さなダニが人に付着して(寄生して)おこります。
人から人へと感染していきます。
タイプには二種類あり、通常におこる疥癬と角化型疥癬があります。
通常の疥癬の場合におけるヒゼンダニの数は数十匹以下(通常では5匹以下)ですが角化型疥癬では100万から200万匹になり、感染力に大きな違いがあります。
角化型の疥癬の方は免疫力が落ちている事が多く、感染力は通常の疥癬に比べると強い傾向がありますので注意が必要です。
症状としては疥癬においては赤いブツブツの丘疹や結節が出来て、疥癬トンネルと形成しています。
痒みの症状が強く、症状が出る部位も顔や頭を除いた全身に発症します。
角化型の場合は角質増殖と言われる厚いあかが増えたような状態で痒みは不安定です。
症状は全身に出ます。
この疥癬の原因となるヒゼンダニは虫眼鏡で見ると見えるくらいの大きさで、人の体温が生活に適応しており、人の肌から離れると長く生きる事はできません。
高熱や乾燥に弱く、約50度以上の乾燥状態に10分以上さらされると死んでしまいます。
皮膚の角質内にトンネルを掘り卵を産み付けて、産卵から成虫になるまでの期間は10日から14日かかります。
疥癬どれくらいで治るのかとか思いますが、寄生し増殖するので長期間の病院での治療が必要です。

スポンサーリンク

疥癬は皮膚だけの病気なので、内臓などの臓器に付着し侵すことはありません。
疥癬どれくらいで治るのか不安になりますが、医療機関でちゃんと治療し期間がくれば症状も次第に軽減して治癒する病気です。
治療方法としては、ヒゼンダニを殺すことを目的とした治療を行います。
飲み薬や塗り薬を数週間から数ヶ月の期間施行する事が主な治療となります。
主な症状の痒みに対しては、抗ヒスタミン剤などの飲み薬を服用します。
問題となる疥癬どれくらいで治るのかという事については、通常の疥癬は3週間から1ヶ月が終息するだろうと考えられて治療を行われています。
角化型の疥癬どれくらいで治るかは期間が長く約2ヶ月くらいかかります。
高齢者や体力や免疫力の弱っている人は治療期間が長くなる傾向があります。
症状の改善と治癒までの期間は根気がいる病気なのですが、医師の指導に従って自己判断で薬を止めることが無いようにしなければいけません。
ただし注意が必要な事があり、疥癬どれくらいで治るということよりも確実に治すことが大切で、疥癬どれくらいで治るかという事だけを考えて症状がなくなって治療を中断してしまうと再発もありますので、疥癬では3ヶ月程度、角化型で6か月程度の期間は疥癬どれくらいで治るという事よりも再発しないように皮膚のチェックが必要です。

スポンサーリンク